「老けたね」と同窓会で言われショック!

 

去年、高校の同窓会の時、
20年ぶりに会った男子*に・・・

 

「え?誰かと思ったよ!めっちゃ老けたね!」

 

と笑いながらツッコミを入れられました。

 

※昔からイヤミばかり言っていた男子です。

 

(そりゃ、高校時代と38歳を比べれば、誰だって老けて見えるでしょ!)

 

と内心イラッとしましたが、笑顔でかわしましたが、とても悲しかったです(涙)

 

おばさんだけど、おばさんと呼ばれたくない

 

私は結婚をして子供がいる主婦のせいか、
小さい子からは”おばちゃん”と言われることがあります。

 

まあ、確かにおばさんですが、できれば「お姉さん」って呼んでほしい!
というのが本音です。

 

そうなるために、まずは老け込んだ顔をどうにかしないと!

 

と原因と対策をいろいろ調べ始めました。

 

老けて見える原因&対策は?

 

頬やアゴのたるみ

 

地球の重力には逆らえませんよね(汗)
頬やアゴなどどんどんたるんでいくわけですから、放置すればどんどん老け込んで見えてきます。

 

【対策】

 

舌回し

 

 

※youtubeより参照

 

無料でどこでも手軽にできる方法です。
口の周りがポカポカしてくるので、気持ちがいいですよ♪

 

コスメ

 

 

美顔器

 

 

しわやほうれい線

 

小じわは乾燥が原因

 

ほうれい線も乾燥、そして表情の作り方、表情筋肉の衰えが原因です。

 

【対策】

 

まず、乾燥には保湿が一番!そのため、やはり化粧品でこまめに保湿をしていくしかないです。

 

プラスして、余裕があるのであれば、やはり美顔器を利用して、ほうれい線対策をするのもアリです。

 

コスメ

 

 

美顔器

 

 

 

お肌&美容のQ&A

 

お肌に悩みがある女性

 

顔にしわ・しみができる原因は?

 

肌にしわができる原因として喜怒哀楽によってクセが付けられて誕生するものはわかりやすいですが、それ以外には肌の成分によるメカニズムが関係しています。

 

肌のハリや弾力と言うものは表面から数えて第2層にある真皮という所が担っています。

 

コラーゲンとエラスチンそしてヒアルロン酸を主な成分として成り立っている真皮ですが、紫外線などによるダメージを受けるとしっかりとした張力が保てなくなる他、
年齢を重ねると全体的な量が減ってしまう傾向にあります。そうすると肌が弛みやすくなり凹凸も生まれ、やがてしわとして肌に定着するようになってしまいます。

 

顔にしみができる原因は紫外線などによる外的刺激がほとんどです。

 

顔の皮膚は他の部分と違って太陽の光に晒されやすく、その刺激から肌を守ろうとするためにメラニンが生成されるものがしみとなります。

 

本来メラニンというものは肌の生まれ変わりのタイミングで体内で消化されるものですが、
肌が完全に機能することができなかったり継続的に刺激を受け続けたりすると、消えづらくなりいつの間にかそれが自然の状態として情報が上書きされてしまいます。

 

直接隠すことがしづらい顔において、しわとしみはいずれも紫外線に当てられ続ける環境が大きな原因となります。

 

 

顔のたるみ・ほうれい線ができる原因は?

 

健康な肌はハリや弾力がありますが、年齢と共に肌がたるみ、ほうれい線が出来てしまいます。気になるこの肌のたるみができてしまう原因は肌の内側と外側に原因があります。

 

肌のハリや弾力を作り出しているのは、真皮内にあるコラーゲンやエラスチンです。
肌のハリを保つコラーゲン、ゴムのように収縮して肌の弾力を作るエラスチンが減少したり変質することで肌の弾力がなくなってしまいます。

 

美容成分を化粧品で補うことはできますが、あくまでも角質層までのことですので食品やサプリで補うことも必要です。

 

また顔の筋肉は年齢と共に衰えてしまいます。衰えてしまった顔の筋肉は、皮膚や皮下脂肪を支えることができなくなり肌をたるませてしまいます。

 

そして顔の代謝が悪くなっていると皮膚の下に老廃物や皮下脂肪が溜まりやすくなります。

 

この代謝されなかった物質が重力によって下へ落ちることで、皮膚をひっぱってたるませてしまいます。目の下は老廃物が溜まりやすいため、目の下のたるみの原因になっています。

 

外的要因としては、乾燥や紫外線があります。乾燥している肌では外的刺激から肌を守れないので、コラーゲンのような美容成分が減少しやすくなります。

 

紫外線は真皮にあるコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうのです。老化のうち紫外線による光老化は大きな理由です。紫外線対策を全くしていなければ、たるみやほうれい線は早くから目立ってしまいます。

 

 

顔が老けて見える原因

 

女性の中には実年齢よりも顔が老けて見えるいう人がいます。その原因はいろいろありますが、一番はやはり肌の劣化が挙げられます。

 

具体的にはほうれい線や目尻、おでこや口の周りのシワです。他にも目の周りやこめかみにシミがある場合も要注意で、老けて見られる場合が多いです。

 

無表情というのも気をつけておきたい点です。顔にはたくさんの筋肉がありますが、動かさないとどんどん衰えていきます。すると頬や顎が垂れ下がってしまうため、若々しく見えなくなってしまうのです。

 

それから加齢はもちろんですが、紫外線を浴びることによっても肌のハリを失ってしまいます。

 

意外と見逃してしまっているのが、顔にするメイクです。古臭いやり方を続けていると、老けて見られてしまうことがあります。

 

自分で研究してみるのも良い方法です。ただ、なかなかうまくできないのであれば、化粧品売り場に行って、プロのメイクさんにやってもらって覚えましょう。

 

また、歯が黄ばんでいるのも、若く見られない原因になります。市販されている歯を白くする歯磨き粉を使ってみると良いです。

 

それでも駄目な場合は、審美歯科に行けばホワイトニングしてもらえるので検討しておきたいものです。"

 

 

 

よくある、おばさん臭い行動をご紹介します!

 

おばさん臭い行動と言えば様々なものがあります。まず気になるのは外見への配慮です。メイクに厚みを感じるようになったり、逆にまったくメイクをしなくなったりと若いころに比べて外見に対する配慮がなくなっていきます。

 

それだけではなく食後に歯に食べ物がはさまっていないかを堂々と人前で確認したりなどのエチケットの部分も品がないという特徴があります。

 

年齢を重ねると現実的になるのか、あるいは単に貪欲になっているだけなのかは分かりませんが、なんでもかんでもお金をかけずに手に入れようとします。

 

化粧品のサンプルはもちろんのこと、食品メーカーの展示会などでも遠慮なく試食品を食べ、更には持ち帰ろうとします。倹約家なのはとても良いことなのですが意地汚くなるのは考え物です。

 

そして気になるのは外見や行動だけではありません。その口調にもおばさん臭さが出てしまうのです。

 

敬語を使わなくなり、どことなく威圧感を与えるような口調になります。

 

おばさん同士だとあまり気にならないことなのですが、お店などで接客をしている店員さんからすれば「口の悪いおばさん」だと思われてしまいます。下手をすればクレーマーのような印象を与えてしまうので注意が必要です。"